×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
試写室だより 封切はこれからだ! 公開中

メールマガジン「試写室だより 封切はこれからだ!」について

「試写室」に出入りなさるプロの方々に、本当に面白かった映画のことを語っていただこうということで、月刊メールマガジン「試写室だより 封切はこれからだ!」(企画制作:れがある)は、28名のプロのご賛同を得て、2006年3月、プレ創刊号を発行いたしました。

 “文句なしの推薦作=表ベスト”と、私的な思い入れで選ぶ“ごひいき作品=裏ベスト”を特徴とする本誌は、以後、創刊号から2007年6月30日発行の第14号まで続いたところで、角川クロスメディア MovieWalker の目にとまり、同サイトのコンテンツ「試写室ランキング」として、パワーアップ新装開店を果たしました。

そこに到る15冊のバックナンバーには、映画ファン必読の魅力的なタイトルやコメントが並んでおります。ここに「月刊 シネマグランプリ」のバックナンバーとして公開いたしますので、どうぞご高覧ください。(青色の年月号をクリックしてください)
2006年3・4月号 (プレ創刊号) 総合ベストワン 『SPL 狼よ静かに死ね』
2006年5月号 (創刊号)  総合ベストワン 『グッドナイト&グッドラック』
2006年6月号 総合ベストワン 『ココシリ』
2006年7月号 総合ベストワン 『ゆれる』
2006年8月号 総合ベストワン 『ユナイテッド93』
2006年9月号 総合ベストワン 『グエムル―漢江(ハンガン)の怪物』
2006年10月号 総合ベストワン 『トンマッコルへようこそ』
2006年11月号 総合ベストワン 『キング 罪の王』
2006年12月号 総合ベストワン 『硫黄島からの手紙』

2007年1月号 総合ベストワン 『ディパーテッド』
2007年2月&2006年年間ベストワン号 2006年ベストワン 『ブロークバック・マウンテン』
                             2月表ベストワン 『ドリームガールズ』
2007年3月号 総合ベストワン 『今宵、フィッツジェラルド劇場で』
2007年4月号 総合ベストワン 『バベル』
2007年5月号 総合ベストワン 『主人公は僕だった』 『しゃべれども しゃべれども』
2007年6月号 (最終号) 総合ベストワン 『あるスキャンダルの覚え書き』




 「月刊 シネマグランプリ」 目次

「月刊シネマグランプリ」は次のメニューで構成されています。
左のメニュー欄から、あるいは下の目次名を、それぞれクリックしてご閲覧ください。

★トップページ

★最優秀作品賞 グランプリ・チャート
どの作品がメンバーの評を獲得したか、得票順チャート。

★最優秀個人賞 グランプリ・チャート
どの映画人がメンバーの票を獲得したか、得票順チャート。

★発表! メンバー選出 今月のグランプリ
今号で、どのメンバーが、どの映画を、誰を、グランプリに選んだかのリスト一覧。
メンバーのプロフィールと近況付。

★グランプリ(作品賞) 選評 SAMPLE
★グランプリ(個人賞) 選評 SAMPLE
「選評」2008年10月号をサンプルとして公開中。

★バックナンバー 試写室だより封切はこれからだ!

★バックナンバー MovieWalker 試写室ランキング
「月刊 シネマグランプリ」にいたる歴史。

★ブログ&コンタクト
企画・制作の「れがある」について。


★発表!2008年 年間グランプリ

メンバーが選出した「最優秀作品賞 年間GPこの1本」「最優秀個人賞 年間GPこの一人」



企画・制作


禁無断転載

フッターイメージ